イソシアニドの特異的な反応性に着目したアミノ酸類の定序性ペプチド様ポリマーへの化学変換

覚知 亮平
(金沢大学 理工研究域 自然システム学系 特任助教)

2016年9月24日土曜日

Windows ? Linux ?

 日々の研究ではWindowsを使っています。Officeなどなど使う必要があるので、なんだかんだでWindowsが最適です。ところで先月、Windowsに大型アップデート(Windows10 Anniversary Update)がありました。本業である化学とは関係ないかな~と思っていましたが、今回のアップデートはなかなかの優れものです。若干毛色が違いますが、少し紹介したいと思います。
 
 科学系のソフトには、Unix向けのソフトが少なくありません。それに加えて、研究室でも役に立つサーバー系のソフト(例:samba)などは、Unixの独壇場です。こういったUnix系ソフトはWindowsに移植されるケースが多いですが、移植に時間が掛かったり、使い勝手が変わったりと使いこなすのに労力が割かれることもあります。なので、Windows上でUnix向けソフトを使おうとすると、Unix環境をWindows上に構築する(CYGWINなど)か、Windows上で仮想的にLinuxを動かす(Hyper-VやVMWare)かしないといけなかったのが現状です。あんまり現実的ではないですが、ひとつのPCに物理的にWindowsとLinuxを入れて、Dual boot(起動の度にOSを選択)するっていう手もあります。管理が大変なのであんまり現実的ではないですね。そんなこんなで、Windows上でOfficeを動かしながらUnix系ソフトを走らせられたらな~と思っていました。ちなみにですが、AppleのMacOS XはOSそのものがUnixベースなので、Unix系ソフトがそのまま(もしくはちょっとの改変)で使用可能です。研究者でMac使いが多いのもこの辺も関係しているのかな~と想像しています。

 この辺で本題です。Anniversary UpdateでWindowsが更に強化されました!!ついに、(Unix)コマンドをたたきながら、Officeを使える日が来ました(笑)詳しいインストール方法は、この辺を参考にしてもらえると、詳細な情報が得られると思います。Microsoftさんも渋いけど素晴らしい選択をしてくれています。なんとま~DebianベースのUbuntuがWinows上で(もしくは、Windows”と共に”)、動いています。Ubuntuなので、まさかのapt(Advanced Packaging Tool)がWindows上(?)で動きます。ちなみに、aptとはUnix系ソフトの管理ソフトウェアのことです。これのおかげで、インストールしたいオープンソースソフトをコマンド一発でインストール可能です。

sudo apt-get install "インストールしたいソフト"

これだけで、すぐにソフトウェアをインストール可能です。

今までUnixが必要だったソフトも試してみたい、と思わせる素晴らしいアップデートです。具体的なソフトをインストールしてみたら、こちらで少し紹介したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿